空き家を放置することは、ご近所の方々にも

環境、衛生、治安の面でも迷惑をかけることになります!


想い出のたくさん詰まったご自宅を「どうしたいか」お聞きし、

これからのあなたにとって最適な活用方法をご提案いたします。


◎空き家のさまざまな ”活用パターン”の一例


空き家の活用で支給される補助金

政府は、増加する空き家を活用することで国内経済の発展を促しており、空き家活用に対し様々な「補助金」を支給していますので、上手く利用することをおススメいたします。

●家賃低廉化支援(要配慮者の入居受け入れで最大月4万円支給)

低所得世帯や高齢者世帯の入居を受け入れることで、オーナーは最大月4万円がもらえます。

導入条件として、耐震水準を満たすことや居住面積の下限が定められていますが、条件を満たす物件であれば、制度が継続する限り確実に支給されます。

●改修工事費支援制度(空き家の改修で100万円)

要配慮者の生活水準確保を目的とした制度です。そのため、耐震改修工事やバリアフリー導入工事など、最低限の生活環境を実現する改修工事が対象となっています。

●空き家解体補助金制度

空き家の解体に対し、地方自治体が要した費用の一部補助する制度です。全国共通の制度ではありませんので、支給額は自治体によって様々です。また、工事の対象や導入条件等も各自治体で異なりますので、注意が必要です。